前へ
次へ

日本の幽霊に足がない理由

青山の不動産の賃貸借契約を結ぶ際には、通常保証人の保証書が要求されることとなります。保証人の保証書というのは、入居者が何らかの理由で家賃の支払いができなくなった場合などに、責任を肩代わりすることを証明する書類のことを言います。保証書のほか保障契約書や連帯保証契約書、保証人引受承諾書などといった呼び方がされています。保証人には通常、入居者の親や親戚、近親者などで、安定した収入のある人が求められます。保証人の保証書は青山の不動産会社によっても書式や名称がさまざまですが、契約日までに保証人に記入してもらうということが必要となります。また場合によっては、保証人の実印による印鑑証明が求められることもあります。保証人となってもらう人には、なるべく早くお願いをするということが大切となります。

top用置換

top用置換2
Page Top